宗教とAIDS Part19 なぜ宗教? 宗教はどう伝える?

8月3日(土)13:00~15:00 2F ホール

今年のAIDS文化フォーラム in 横浜のテーマは

「伝えるむつかしさ」

です。AIDS文化フォーラム in 横浜の看板プログラムとなった宗教とAIDSは今年で19回目を迎えました。そしてこの「宗教とAIDS」は本フォーラムを考える上で中心的な柱となっています。
今の時代、生成AIの普及を見ても、様々な情報にアクセスしやすくなっただけではなく、生成AIの最大の機能であるdeep learningを活用することで、人間が学習しなくても、疑問に答え、文章を、画像を作成してくれます。
そのような時代にいま、何が求められているのでしょうか。太古から続く宗教はいま、何を伝えようとしているのでしょうか。様々な立場から考えます。

 

平良愛香
日本基督教団川和教会牧師
カトリックHIV/AIDSデスク委員
農村伝道神学校校長

 

 
古川潤哉
浄土真宗本願寺派浄誓寺僧侶
AIDS文化フォーラムin佐賀運営委員

 

ナナさん

横浜市在住
イラク生まれ海外育ち
中東ハーフムスリム2世
産まれた時からイラク→エジプト→ドイツ→イギリスへ移住し続け2008年に帰国
イラク人の妻であり、自閉症二児の母である
YouTube含む各SNSから社会に関係する真面目なことから好きなことまで気まぐれに発信している


宮崎豊久

司会:岩室紳也(運営委員会)

 

プログラム表へ

プログラム一覧サイトへ